私に良いこと☆

人生後半、無理せず心地よく暮らしたい人のブログです

健康管理に東洋医学をとりいれたい時の本

f:id:hyakuyou:20210307095643j:plain

東洋思想や心理学などをとりいれ
心と体をまるっと良くする暮らしをご紹介しています。⇒自己紹介

昨日、あんずの花が開花しました。

桜の開花ももうすぐですね。 

こんにちは、こでまりです。

2年前、更年期の心身の不調で仕事をやめ、今まであまり興味がなかった東洋思想をとりいれた健康管理法に興味をもちました。

東洋思想だけでなく、心理学、禅思想、老子、マインドフルネス、健康雑誌、漫画などいろいろですが、記録をみると、昨年の6月から電子書籍だけでも126冊も読んできています。

そんな私が、東洋医学について知りたい方の入門書として気軽に読める本をご紹介します。  

 

 本からヒントをもらおう

ずっと悩んできたことの答えが、ふと手にした本の中に出ていて、はっとするようなことはありませんか?

今まで考えてきたことの「答え合わせ」をしている気もする。
「大丈夫、その考えはあっているよ、このままがんばろう!」と励まされているような・・・。  

f:id:hyakuyou:20210308184207p:plain

以前のこんな記事をご紹介しました。

猫4匹と暮らしている私。「猫から学ぶ自律神経が整う習慣」というタイトルで習慣にしていることを紹介しました。

kokorotokarada.hatenablog.jp

 

実はこの記事を書いた二日後、こんな本に出会いました。

 

冒頭の紹介文には・・・

ねこのように
自然の摂理にしたがってムリをせず、
カラダを大切にすることを
教えてくれるコミックエッセイです。
(※抜粋)

この言葉をみて、なんといいますか・・・
ちょうど猫の記事を書いた後だったのでご縁のようなものを感じましたよ。
 

今回ご紹介する本は、以下のような方におすすめしたいです。

  1. 東洋医学に興味がある方
  2. 最近体力の衰えが気になってきた方
  3. 今まで健康管理を意識してこなかった方
  4. ずぼらさん
  5. 猫好きな方!

私がそうです↑

ゆるゆる健康法の内容

SNSで人気になった漢方薬剤師の先生の案を、イラストレーターの方が漫画に起こしたものです。 

一人暮らしの女性といっしょに暮していた猫さんが、突然話しをするようになり、日々の健康管理についてこまかなアドバイスしてくれるのです。

内容は

  1.  誰でもはじめられる5つの健康法
  2. 中医学の基本「五臓」の説明
  3. 季節にあわせた健康法

タイトル通り「ゆるゆる」なので眺めているだけで、心がほっこりしてきます。

しかし、内容は充実していますので勉強にもなりますよ。

花粉症の養生法

例えば、今の時期は花粉症がはやっていますが、東洋医学を用いた健康法(養生法)では、それ以前の時期に体調を管理することが大切だとされています。

つまり、花粉症の対策は冬の時期からはじめるわけです。

例えば、

食欲があまりなく、頭や身体が重い、鼻水が多く出るタイプの方は、余分な水が体にたまっているので水を取り除くような食べ物を食べます。

f:id:hyakuyou:20210308181837p:plain

どろっとした鼻水で皮膚のかゆみや炎症がある方は、「熱」が原因なので、体の余分な熱を取り除く食べ物を。

f:id:hyakuyou:20210308181901p:plain

そうすることで、冬の間に体が強くなり、春の花粉症を防げる、軽くなる、というわけです。

 季節や体調にあった食べ物や生活習慣について漫画でわかりやすく説明しています。 

 

まとめ

私は今50歳ですが、年代を問わず、生理前、生理中の頭痛や腹痛、イライラなど、女性特有の不快な症状に困っている方は多いのではないでしょうか?また自律神経失調症で悩む男性もいるのでは?

更年期には、様々な症状が起こり、それもいつの間にかおさまったり、新たに違う場所に症状が出たりとめまぐるしいものです。

症状別に病院にかかることで薬も増えていきます。

睡眠薬、精神安定剤、慢性胃腸炎の薬、ステロイド剤・・・まさに私がそうでした。

しかし今は、そんな薬の多用が減り今は漢方と鎮痛剤のみになりました。

同じような悩みを持つ方に、鎮痛剤などの西洋のお薬も頼りつつ、東洋医学的な健康管理や体質改善をおすすめしたいです。

お読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ