私に良いこと☆

人生後半、無理せず心地よく暮らしたい人のブログです

老後の生活費は人それぞれ、余計な心配は少なくしておこう

f:id:hyakuyou:20210314170402p:plain

先程、家計簿をつけていました。

家計簿は、結婚してからずっと専用ソフトに大まかに入力しています。細かい性格なのと数字を見るのが好きなので負担には感じていません。

平均寿命が伸び続ける現代人、特に女性にとっては、老後の不安は健康とお金についてに関してが多いようですね。

今回はそのことについて私の思う所を書きたいと思います。

老後の「2000万円不足」は当てにならない

以前、ずいぶん話題になっていた、老後2000万が不足する問題、この根拠は、以下のようになっています。↓

 ・・・老後は公的年金だけでは賄えず、2000万円不足するとのことでしたが、そもそもこのデータは総務省の家計調査報告(2017年)が根拠となっています。このデータによると、現在60歳以上の夫婦(夫65歳以上、妻60歳以上)の高齢無職世帯では、1カ月の平均収入は年金を中心に約20万9000円、支出は約26万4000円。ですから、公的年金だけでは、毎月約5万5000円の赤字となります(※4)。

参考)考え出すと不安でたまらない老後の生活!定年後の生活費は結局どのくらい必要なの? | SODATTE(そだって)−子育てとお金の情報サイト−

 

 

家計収支のグラフをみてみましょう。

f:id:hyakuyou:20210314120102j:plain

  (総務省:家計調査 2017年)

 

これらをみるとお分かりのように、老後の夫婦の生活費が264,000円かかり、社会保障給付が191,880円あると言う前提で算出されています。

  1. 社会保障給付が、毎月19万円ほどある予定。
  2. 生活費が、26万円ほどかかる予定。
  3. 持ち家
  4. 95歳くらいまで生きそうだ。

このケースに似ている方には参考になるかと思いますが、

あなたはどうですか? やっぱり「人それぞれ」って感じですよね。

病気がちだった私は30代で老後を考えた

うちは全く異なります。30代で夫婦とも正社員ではなくなったので、老後の給付金は、それほどありませんし、生活費についても今、20万円かかっていないのに老後に264,000円もかかるとは考えづらいです。

気になる場合は、自分のケースではどうなるのかを計算し把握しておく必要があるでしょう。

「老後の生活設計」というと、40代、50代から始める方も多いのかもしれません。

私は30代で、収入が不安定な時期があったので早くから将来のお金について考えるようになりました。そのため、この「2000万円・・・」のニュースで動揺することはなかったです。 

仕事はやりがいもあったし働き続けていれば、それほど早くから心配する必要もなかったのでしょうが、もともと病気がちだったので仕事を続けられる自信がなかったのです。そしてやはり50歳で、体力の限界を感じ、仕事を辞めることになりました。

しかし、30代のうちに考えてやりくりしてきたおかげで、辞めることによるお金の不安はあまりありませんでした。そのことはとても助かりました。

痛みがひどくて心が落ち込んでいる時には、何事も前向きに考えられないものです。元気なうちに不安に思っていることはをひとつずつ解消しておくことはとても大切だと思いました。

f:id:hyakuyou:20210314175844p:plain

自分にとっての幸せな生き方を知る

「幸せに生きるために必要な金額」って、人それぞれだと思います。

ポイントは「自分がどれ程あれば満足して生きられるか」についての自覚。

「自分がどんな風に生きたいのか」という「こころ」の問題でもありますね。

生き方を柔軟に変えられる人はそんなに困らないのかもしれませんが、年をとればとるほど、それは難しくなるのではないでしょうか?

周りの50代以降の女性たちをみると、本当にいろいろな方がいます。

大卒で、大企業に勤め続け今は管理職になっている50代の女性。かなりの収入でしょうが、かなりの額をブランド品や、エステやコスメ、美容にかけています。

ご自分でも「生活レベルは下げられない」と言っている。その方がそれで幸せなら、あるいはそうでないと、満足できないなら、その消費はやはり必要なのでしょう。

一方、友人たちとお弁当をもってハイキングしたり、図書館で本を借りて読み、つつましい生活ぶりで、とても幸せなそうな方もいます。

問題になってくるのは「何で貯められないの?」と自分のお金の使い方を自覚していないケースや、「あれ?何で貯められなかったんだろう?」と後で後悔するケースかと思います。

そのためには「他の方の生き方をみて、自分を知る」ということも大切なのでしょう。そういう意味で、「2000万円」の話題は考えるきっかけになったとも思います。  

まとめ

お金の不安を解消していくポイントは、メディアの情報を鵜呑みするのではなく、自分のケースについて具体的に考えていくことが大切かと思います。

もちろん、いくらシュミレーションをしてみても、人生は予定通りに行くものではありません。実際私もそうでした。しかし、具体的な数字を出して「見える化」しておくことで、貯蓄や節約の行動ができ、不安を軽減することは出来たと思います。

また、どんな暮らしを幸せだと思えるのか、を知ることも大切だと思います。

自慢できることでもないですが、私はけっこうなケチで、お金がかからないんです。この記事をかきながら、私の「ケチな暮らし」(良く言えば「つつましい暮らし」)などもご紹介していきたいと思いました。 

 

kokorotokarada.hatenablog.jp

小さなことにも喜びがあふれる1日になりますように

f:id:hyakuyou:20210305103403j:plain

にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ