私に良いこと☆

人生後半、無理せず心地よく暮らしたい人のブログです

遺品整理の経験から考えさせられた物の持ち方

f:id:hyakuyou:20210331104647j:plain

夫が買ってきた道明寺は桜をイメージさせるひかえめなピンク色。

春はやっぱりピンクのイメージ。

心と体をまるっと良くする暮らしをご紹介しています。⇒自己紹介

加湿器をそろそろしまう時期。洗って乾燥させています。

2台あるから、2台分。やはり物が増えると、その分「手間」がかかるものですね。

今回は、私の遺品整理の経験とすっきりした暮らしについてご紹介したいです。

遺品整理は大変だった

 「終活」と言う言葉をよく聞くようになりました。

(正直、この言葉はあんまり好きではないです。「妊活」とか「終活」とかなんでも「活」をつければいいってもんじゃないような気がして・・・)

ですが、終活で「物を減らす」「使わない物をあまり持たずにすっきり暮らす」ということは大切だと思います。

なぜなら自分が遺品整理を経験して「物が多いと残された人たちは大変になる」ということを実感したからです。

夫方の親戚は、義祖母も義父もそうなのですが、長生きでぽっくり逝くということが多く、私は長男の嫁ということもあり、顔も見たことのない遠い親戚の遺品の整理などを何度か経験したのです。

1度ならまだしも2度3度あると体力的にもきつかったです。

そういうことはこの超高齢化社会で増えてくるのではないのかな。

処分に困ったものたち

その時に厄介だったものをあげてみますと

  • 婚礼たんす、食器棚などの大型家具
  • やたらに多いプランターや植木鉢や食器(百以上あった)
  • やたらに多いほこりをかぶった本(辞典や料理などシリーズもの)
  • 使えない電化製品(ブラウン管テレビ、レコードプレーヤー、アンプ)
  • ピアノ、金属類、消化器、オイルヒーター
  • 手紙、アルバムなどの思い出の品

などでした。少量ならそれほど手間でもないですが、大概、本や植木鉢、食器などは大量に持っていることが多い。重たい百科事典を紐でまとめて運び出す時など大変でした。

壊れた消火器、オイルヒーターなどはメーカーの引き取りシステムがありますが、オイルヒーターは問い合わせたところ「4,500円かかる」と言われました。

大型ごみは300円とか500円とか大きさによって料金が異なるため、それぞれ測って問い合わせをし、回収してもらう日時を決めなければいけません。

出来る限りがんばって、あとは業者に依頼することになりました。

トラックの大きさにもよりますが、引き取ってもらうのに1回につき4、5万したかと思います。それを3回依頼したこともありました。

物が多いと最後の最後までお金がかかるものなのです。がっくりくるのは、時間やお金のかかるものに限って、壊れてつかっていなかった物だったりすることです。

それでもまあ、この苦労が嫌だというわけでもない。

残されたものがこうして整理するのは普通のこととも思います。

父も捨てないタイプなので実家には物が多い方ですが、あとは娘たちでなんとかしますから、好きなように生きてもらいたい。

しかし、自分のこととなりますと・・・私には子供がおりませんし、夫も姉妹もいっしょに年をとっていくわけで。すでにどっか体を悪くしていたり、「あちこち痛い」と言っている年齢の人たちに(迷惑をかけたくない)とも思う。これも普通の事だと思います。 

物の持ち方を考えさせられた

そんな経験から「物の持ち方」について考えさせられました。

極端に物が少ないというわけではないのですが、あまり物が増えないので、古い家ににありがちな多すぎる収納はがらんとしたままです。

f:id:hyakuyou:20210403121243j:plain

収納のポイント

これはよく言われていることですが、「定期的に見直して、使っていない物は手放していく」ことがすっきり暮らすポイントだと思います。

保証書とか梱包の箱だとか、暮らしの中で物は自然と増えていきますから、それらを見直していく作業が必要です。私がここ数年ですっきりしたことをいくつかご紹介します。

  • 年賀状をやめた
    3年前まで残して定期的に処分してきましたが、昨年からは年賀状をやめました。
    FBで挨拶をしたら、親しい方とだけ親密にやりとりができてかえって楽しかったです。
  • スケッチブックなどや成績表、卒業アルバムなどの処分
    幼稚園のころから母がとっておいてくれたものを引き取り、じっくりと見直したあと処分しました。思い出は心の中に。
  • 写真アルバムの整理
    数冊ありましたが、思い入れのあるものだけ、スキャンしたり1冊にまとめました。少なくなってかえってよく見返すようになりました。
  • お金や情報の管理
    銀行や株証券取引に関してのIDやパスワードをリスト化し、夫婦で共有しました。
  • 本籍の移動
    本籍のある役所に戸籍謄本をとるのに何度も足を運ぶのが大変だったので、遠方の本籍を現住所に変更しました。

食器類、少なめですがこれがかえってよいのです。
すくないものを大事に使うという気持ちができるから。

f:id:hyakuyou:20210125221602j:plain

経験が役だった

40代で何度か経験した遺品の整理はつらい思い出でもありますが、経験したことで「物の持ち方」を考えさせられました。

更年期に体調が悪くなり気も弱くなっているこの頃ですが、50代には、既にすっきりした状態だったことはとても良かったと思います。  

クリックで応援いただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 サクラソウが咲き始めました。春はピンクですね。今日も一日お元気で。

f:id:hyakuyou:20210401170031j:plain