私に良いこと☆

人生後半、無理せず心地よく暮らしたい人のブログです

連休中の観光地って楽しいの?

 今週のお題「おうち時間2021」

心と体をまるっと良くする暮らしをご紹介しています。⇒自己紹介

他県からくるひとたち

 神奈川に人がながれてきているらしい・・・

ここ横浜市は、”まん延防止等重点措置”が適用されているものの、商業施設は休業していないめ、東京都からも人が流れてくるらしい。

昨日は、そんなニュースをみたあとで、(混んでいたら嫌だな)と思いながら、夕方おそるおそる、近くのスーパーにでかけたが、いつもよりすいているぐらいでした。

連休中はむしろ、ただのスーパーには人は集まらないのでしょう。

自然は、もっとゆったりと味わうものでは?

潮干狩りもかなりの人でにぎわっているが、東京からの車もみられるようで。

しかし、あんなこんだ場所で人とぶつかりながら、潮干狩りをして楽しいものなのだろうか?

私は人ごみが苦手なせいもあり、連休中の観光地なんて大したことないと思う。

子どものころ、人ごみが楽しいと思ったのは、地元のまつりで太鼓をたたいたり、盆踊りに参加した時ぐらい。 

実家は江の島の近くだったので、毎年夏になると、道が混雑しすぎて、買い物にでるのも一苦労していました。

学生のころは海の家でアルバイトをしていました。

浜辺は人でごったがえしていて、サンオイルのにおいが充満し、(なんでこんな暑くて汚いところで身を寄せ合っているのだろう)と思っていた。

田舎が日本海の漁師町なので比べてしまうが同じ海でも全然ちがう。

砂浜にゴミをおいてゆく人たち・・・。

毎朝、45リットルのゴミ袋とトングをもって、浜辺を歩き回り、ゴミを拾うが、すぐにそれはいっぱいになる。

朝6時、開業前のそんな時間に人気のない浜辺で、夢中で、ゴミ拾いをしている時の、あの静けさの方がよっぽどゆったりとした気分を味わえる。

朝日で水面がきらきらしていて、犬の散歩をしている人たちがいて、波の音が聞こえて・・・

夏の時期には、町内会や子供会の活動などでゴミ拾い地引網がありました。

ゴミ拾いをして人間を学び、地引網をひいて自然の恵みに感謝して・・・よっぽど自然を感じるのでは。

想像力の欠如 

自宅からすこし離れた公園などへ歩いていくのもいい。

緑の中で、ひたすら歩くだけでも楽しみはみつかります。

東京の施設がしまっているから他の県へいくしかない、子供をどこかに連れて行かないと楽しめない、自然を味わえない・・・

そんな発想しか浮かばないのは大人の想像力の欠如なのでは?

自宅の前の道路の割れ目から、よもぎや雑草が生えてきてしまうのだが、学校帰りに、割れた石をひっくりかえして、「ダンゴ虫みっけたよ~」とか「大きな葉っぱだねえ」なんて言いながらいつまでも遊んでいる小学生たちがいます。

そんな子供たちを見かけると、庭に招いて野菜や虫や金魚をみせてあげたくなる。

子どもは小さな砂場でだって、こころ豊かに遊んでいます。 

他人ごとでなくて、最近の自分がそうで、大人になるとそういう豊かさがなくなってくるのかな、とちょっぴりさびしくも思います。

 

間引きした小松菜、お味噌汁の具にしました。

f:id:hyakuyou:20210430111528j:plain

お読みいただきありがとうございました。

クリックで応援いただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村