私に良いこと☆

人生後半、無理せず心地よく暮らしたい人のブログです

じめじめする時期、寝室環境を整える

天気の悪い日が続きそうなので、昨日は、重たい腰を上げて、シーツやカバーを交換しました。

布団カバーの交換ってけっこう大変。今は体がだるいし・・・はじめるまではいつも気が重いのですが、昨日は、清々しい天気で、窓を開け放すと、風が通って気持ちがよかったです。

f:id:hyakuyou:20210604124808j:plain

梅雨は、カビやダニが気になる時期。

この時期、衣類の衣替えといっしょに寝室の中掃除や寝具の衣替えもしています。

特に我が家は猫の換毛期とかさなって、部屋の隅や階段ににふわふわと白い毛がたまってくるので掃除機がけがめんどうです。)

それでも最近は、とうとう3匹になってしまったので、少なくはなりましたが。

梅雨の寝苦しさ

湿度が高くなると寝苦しくなる理由は、体温調整がしづらくなるから。

体温は、汗が蒸発する際、体の表面の熱が奪われ、下がります。

しかし湿度が高いと、汗が蒸発しづらいため、体温は下がらず、さらに、体もじっとりとしてしまうため、余計に寝苦しくなるそうです。

寝室は青系がオススメ

f:id:hyakuyou:20210603113300j:plain

もともと青が好きなので、小物類も青系のものが多いですが、青や緑は睡眠環境にも適しているようです。寝る前に、青系の色をみると副交感神経が優位になり、眠りにつきやすくなるそうです。

青の心理的効果

  • 気分を落ち着かせる鎮静作用
  • 精神状態の回復を高める
  • 気持ちを集中させ、能率を上げてくれる

緑の心理的効果

  • 心を穏やかにする
  • 気分が安らぐ
  • やさしい気持ちになれる 

更年期の寝汗対策、枕も夏用に

枕も夏場は蒸れにくいタイプの枕を使っています。

汗かきではないのですが、更年期に入って、寝ている間に、首の後ろから汗が出るようなり、2年前にこちらの枕を買いました。↓

中はやわらかいパイプが入っていて2か所から入れて高さを調整できます。寝返る時音が気になるかと思いましたが、パイプといってもぷにょぷにょしているので気になりませんでした。

高さがしっくりこなくても、使いながら自分の好みに微調整してゆけるので便利です。

中央がすこしくぼんでいてサイドは高めになっているので、横向きになっても首に負担がかからない高さにできるそうです。

これにガーゼのタオルをまき、その上に枕カバーを付けています。

寝具の収納

ふとんや毛布は、筒状の収納袋に入れています。(もう10年以上使っているのでチャックがバカになってきたので、買い換えたいのですが)

カバー類は引き出し式のプラケースに入れています。

終わりに

梅雨の気候は、体にも「湿」をもたらし、気圧の変化もあるため、頭痛や腹痛、関節が痛むなどの不調が出やすい時期。

健康を維持するのに睡眠は大切です。

睡眠環境を整えて、ぐっすり眠りたいものですね。

お読みいただきありがとうございました。

 ※

クリックで応援いただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村