私に良いこと☆

50代、低空飛行な日々

レバーパテづくり、キッチンを占領しているもの

ここ数日、体調が悪く食欲もわかなくて、作る気も、写真に記録する気も失せていましたが、そんな中、ちょっとわくわくして作ったのものがこちらです。

レバーペースト

久しぶりにレバーペーストを作りました。

f:id:hyakuyou:20210607191543j:plain

スーパーに行ったら、あまりイメージが湧くようなものがなかったのですが、1キロ300円ほどのレバーペーストが!

ちょっと多すぎると思いましたが、(レバーペーストなら、少しで栄養がとれそう)とひらめきが発動して、レバーを買ってきてしまいました。

この値段にも魅かれて・・・

f:id:hyakuyou:20210607101953j:plain

家にパセリとローリエはたくさん生えているからつかえそう。

レバーペーストは意外に簡単です。

ハツとレバーをとりわけて、下処理をしてきれいにしてから、牛乳に15分ほどつけて臭みを抜き→タマネギなどの野菜、ローリエ、白ワインで炒めて煮詰めて、バターと生クリームといっしょにフードプロセッサーにかけるだけ。

流れは大体こんな流れで意外と簡単ですが、作り慣れていないのでやっぱりちょっと手間に感じます。

 

作るポイント悩んだひとつは、生クリームの扱い

生クリームもレバーといっしょに煮詰めるのか、あるいは、ミキシングする時に加熱しないで加えるか、どっちが良いのかという点です。今回は後からミキシングに加えました。

難しかったのは、加熱時間

レシピを調べると、「レバーの苦味を出さないためには、ブランデーで強火さっと炒め、その後の加熱時間を短くした方が良い」との意見もありましたが、「良く火をを通す、煮詰める」というアドバイスもありました。

保存食としては、加熱をしっかりしたいところなので、その加減が難しかったです。

 

容器に詰める作業は、楽しかったです。とんとんと落として空気を抜いて、上をバターナイフでなめらかにします。

f:id:hyakuyou:20210607191543j:plain

1キロからハツの部分をとって、上の容器に3個分作れました。多すぎ!

1個は3日でほぼなくなりました。残りはすぐに冷凍しましたが、冷蔵庫で解凍して、ふつうに美味しく食べられました。

キッチンを占領しているフードプロセッサー

1年に数回しか使わないフードプレセッサーがキッチン台を占領しています。

f:id:hyakuyou:20210607193839j:plain

結婚祝いにいただいたものだから、もう20年以上になります。

食べかた

レバーパテは、普通の食パンで朝食にもいいですが、フランスパンかカンパーニュにつけるとおいしくいただけます。

パセリをかけると、清涼感が。クリームチーズと食べるとよりこってりまったりとしてお酒にもあいます。

クリームチーズの容器がかわいい。

f:id:hyakuyou:20210609204450j:plain

食欲がない時もちょっとずつ食べました。 

レバーと言えば鉄分。でもレバーを毎日料理して食べるのは、大変です。

パンにちょこっと塗るだけなら気楽に摂れ、貧血気味の女性にもお勧めの食材かと思います。 

お読みいただき、ありがとうございました。