私に良いこと☆

人生後半、すっきりシンプルに暮らしたい人のブログです

大暑の養生、トマトの栽培、試行錯誤

 キュウリがもうすぐ終わり、トマトの収穫がメインです。

 

今回はそんなトマトの収穫とこの時期の養生についてすこし。

毎日同じような画像が続いてしまいますね(^_^.)

f:id:hyakuyou:20210725160501j:plain

 

まだ慣れないトマトの栽培、試行錯誤

窓越しにぼんやり畑をながめていたら、トマトの葉っぱがわさわさ。

変な動きをしているヨ!?

良く見ると、リスがのぼって、赤い実をとっています。

リスは塀や電線をつたって、やってくるようで、庭の木の枝から枝へ飛び移っていますが、地べたにおりることはめったにありません。トマトにつられてしまったのですね。

でもリスがのぼれるほど頑丈じゃないけどなあ。

リスが落としたのをひろいに、カラスもやってくるので、赤くなりかけたら、早めに収穫してしまいます。

こんな風に一つの茎からおうぎのように枝が広がってなっていて、重みでどんどん下にしなっていきます。

f:id:hyakuyou:20210722084602j:plain

2メートルの支柱で支えていましたが超えてきました。

この結び方もあっているかわからんけど、ぶら下げ方式にしてから調子がいいです。

f:id:hyakuyou:20210724174628j:plain

「支柱の高さいっぱいまでに生長したら、枝の先端をはさみで切って生長を止めます。3~4段目くらい収穫できることを目指します。」

とありますが、「まだとれる気がするのに、もったいないなあ」と摘心しないでいたら、すぐに3メートルほどに。もう脚立を使わないと届きません。

夫に「ジャックと豆の木か!支えがないんだから、折れちゃうよ。」と言われました。

それで・・・収穫が終わったキュウリの支柱に、伸びた茎を傾かせてアーチ状にしてみました。↓

日陰ができるし、下から見上げるとぶどうのようにトマトがなっていて楽しいです。

ほら!まだまだとれそうだよ!

f:id:hyakuyou:20210724174607j:plain

苗も元気があるのとないのがあって、元気な苗は、芽かきをせずに伸ばして収穫を増やしています。

またとったわき芽も地面にさしたので、新しい苗も育っています。

土用と大暑

7月19日から土用、22日から大暑、そして、24日はみずがめ座の満月と、先週は変化の多い週。そして、オリンピックも開催されていますね!

夏の土用、19日からの18日間は、夏の陽から秋の陰に代わる大事な切り替わりの時期です。この時期は、周りから自然に変化していくので、自分から動こうとせず、無理はせず、どっしりと構え、心の安らぎを求めて一休みすると良いそうです。

また土用は胃腸が弱る時期、胃の健康を保てれば、この時期のダイエットは効果的です。

トマトの効果

夏の時期の赤い食べ物はおすすめです。

トマトは五行心火に属していて、酸味で涼血作用があり、血をきれいにして、体を冷やします。

毎日ちょこちょこ食べるだけだと、消費が追いつきません。

トマトソースなら、保存もきくしたくさん消費できちゃいます。他にはどんなレシピがあるかな・・・これから検索したいと思います。

 

きゅうりサンドのブームが終わり、トマトサンドになっています。

f:id:hyakuyou:20210721102828j:plain

お読みいただきありがとうございました。 

参考) 

 

クリックで応援いただけると励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村