私に良いこと☆

50代、低空飛行な私に必要なもの

今夏の冷房代や通信費がおさえられた理由

f:id:hyakuyou:20211015121329p:plain

今年の夏は、コロナの影響で夫が家にいる時間が長く、自室のエアコンをがんがんにつけていたので、ただでさえ高めの電気代がさらに高くなるかも?と心配でした。

しかし、先月の光熱費通信費が例年に比べておさえられていたので安心しました。

その理由は今年5月に行った、家計の見直しです。

①電力会社の変更とその後

理由は、電力会社の変更。

内容は、東京電力の従量電灯B 60A⇒ソフトバンクの自然でんきに。

キャンペーン期間中で、8か月間4,400円の電気料金の割引があるのを知り、前々から契約の見直しを考えていたため、「これは良い機会」と乗り換えました。

2か月前から引き落としが始まりましたが4,400円分の電気代がおさえられています。

ちなみに、2021年8月分 7月23日~8月22日分の料金は、4,367 円でした。

4,400円分割り引いているとしても、昨年に比べると安くなっています。

(ちなみに「総務省統計局の家計調査によると、2020年の2人暮らしの電気代平均額は1カ月あたり9,515円、年間で114,180円」となるそうです。)

検討中に書いた記事はこちらになります。↓

kokorotokarada.hatenablog.jp

申し込み後不便に感じた点

しかし、不便に感じた点もありました。

申し込み後の流れ

ネットで申し込んだ後は、

⇒ご利用開始のお知らせ(ハガキ)⇒スマートメーターに交換(既にある場合はそのまま)⇒利用開始⇒請求・支払(利用開始から2か月後)

という流れになっていたのですが、「ご利用開始日のお知らせ」のがきたあと、音沙汰なし。電話の確認もなし。その後、「自動引き落とし」についてのハガキがきたので、手書きで記入し返信しました。

しかしその後はやはりなんのやりとりもなく、ネットでもまだ明細が確認ができない状態でしたので不安でした。(本当に切り替えられたのかしら!?)と。

8月になって引き落としがはじまり、「マイソフトバンク」にログインして、ようやく明細や電気使用量を確認できるようになりました。

電話や対面でのやりとりがありませんし、以前のように紙でのお知らせもないので(有料なら受け取れる)そういった点では、不便さを感じました。

②楽天モバイルへの変更

そして通信費については、楽天モバイルunlimitedのプランに変更したことです。

もともと楽天モバイルで契約していて、夫婦の携帯料金はそれほど高くなかったのですが、プランを変更したことで、私の料金は毎月ゼロ円に!夫の料金も昨年比より安くなっている状態が続いています。

終わりに

以上、電気代は契約会社の変更、通信はプランの変更により固定費が節約できました。1か月分だけならたいした金額ではないでしょうが、続くことで、大きな効果になるかと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。