私に良いこと☆

人生後半、すっきりさせてのんびり暮らす

撮るということ、残すということ、ノスタルジア

携帯を新しくしてからカメラ機能がよくなって、ことあるごとにいろいろなものをパシャリと写してしまいます。

***

家にいる事が多い平凡な毎日ではありますが、それなりに日々発見みたいなことがあって、それらは20年来、私のPCにつまっています。

今は、以前のようにHDDの「容量」すら気にする必要がなくなりました。

割合、きちんと保管していて印象のあるものは記憶しているので後から取り出すことは簡単ですが、遡るほど、容量を小さくするためにサイズを小さくしてしまっているのでブログに載せるのもためらいます。

10年前、これなどはめったに撮れない瞬間なのに、このサイズ。

f:id:hyakuyou:20211020115514j:plain

日々のブログには掲載していないけれどおもしろい画像もあって、そういうものはツイッターとかインスタに載せれば、よりネット生活を楽しめると思うのですが。

「一度流したらそれで終わり」という感じが、私には少し物足りなくて。

他の方のものを見る時もやはりそう。

私にとっては「時系列で見返す」ということも大切みたいです。

きっと若い人の頭の中は、今を優先し、常に「今、今、今」の世界に生きているのでしょう。

レスポンスも早いですし、情報が多い現代社会では大切なことかもしれません。今と過去をいったりきたりでは、頭が忙しいですからね。

わたしは「あれ、どこ行った?」って時折過去を探しています。

過去を思い出し、うじうじと嘆いたり反省したり、亡くなった猫たちを思いだし涙したり、もちろん、楽しいこともありますが・・・先程も、懐かしい犬猫たちの画像をみて、泣きそうになりました。

20年前の愛しい子

f:id:hyakuyou:20211020124854j:plain

しかし「郷愁」なんてものは、そういうところから生まれてくるような気がします。

過去をあっためて慈しむ気持ちみたいな・・・。

郷愁

1 他郷にあって故郷を懐かしく思う気持ち。ノスタルジア。「故国への郷愁を覚える」「郷愁にかられる」

2 過去のものや遠い昔などにひかれる気持ち。「古き良き時代への郷愁」
 出典:デジタル大辞泉(小学館)

50年前、犬と庭で転がっていた(転がされていた)日々は動物好きの私のルーツ?

f:id:hyakuyou:20211020125105j:plain

さて、どうしてこんなことを書いたかというと、昨夜、録画をみていたら、突然姉の夫がフルネームで、アップで出てきて、一瞬、目をこすってしまいました。

それで、思わずパシャリとしたからです。(といっても、なにか「やらかした」わけではないですよ。仕事関係のインタビューです。)

コーフン冷めやらないまま、姉妹のラインでお知らせしたところ、「え!?知らなかった~!!」と、姉妹で大騒ぎしていました。

(事前に撮っているだろうから、放映時間など、知っているかと思ったのですが)

顔見知りが突然画面にあらわれると、驚くものなんですね。

最近コロナでお会いしていなくて、大分白髪が増えていましたが、ご活躍しているようでなによりです。

代わり映えのしない日々。ちょっとした刺激になんだか元気をもらいました。

お読みいただきありがとうございました。

***

昨日の猫さん 出したばかりのデスク下のヒーターを横取りする18歳

f:id:hyakuyou:20211019105442j:plain

プチプラ家電の記事↓

kokorotokarada.hatenablog.jp