私に良いこと☆

人生後半、すっきりさせてのんびり暮らす

「優勝は目指さない」目標をもたないことのメリット

「優勝は目指さない」

日本ハムの監督に就任された新庄氏の会見を拝見して、なるほど、と思いました。

格別大きな目標を掲げていると、選手は萎縮する。それよりも日々の一試合一試合を精進しながらすすんでいけば、いつの間にか優勝に近い場所に。そこから本腰をいれて頑張ればいいのだから。という主旨でのご発言だったかと思います。

子どものころは目標目標とうるさい教育がありましたけれど、私も目標はいらないよなあ、と思います。

性格にもよりますが、とかく目標を掲げると、きまじめな人は達成することばかりに気をとられ、無理をしたり頑張り過ぎて、「今を楽しむ」ことを忘れてしまいがちだから。

すると達成しても楽しくないし、「燃え尽き症候群」みたいになってしまう可能性も。

そうではなくて、日々なんとくなく、自分の「在りたい姿」をイメージしながら行動し、「今日も良い一日だった。」「今日は頑張れた。」と充実感を味わいながら生きた方が人生は楽めるのでは?と思います。

貯蓄などもそうかと思います。

「はやく1000万円貯めなくては!」そんな思いが常にあると、お金を使う時も楽しめず、気が重くなります。

しかし長い期間をかけて、楽しめる自分なりの節約をなんとなく続けていれば、毎月の家計は黒字が続き・・・気付けば意外に貯まっていたりします。

お金のことだけではなく、思いがけない成果は、後から気付くことが多く、そういう時は、なんとなく贈り物を受け取ったみたいでうれしいものです。

そう言えば・・・もうこんなに!?よくやれたなあ、と。

☆☆

例えば、この家にあるカーテンはほとんどがお古をいただいてきたもの。

f:id:hyakuyou:20211027184633j:plain

「カーテンあまっていませんか?」と尋ねて、集まってきたカーテン。単身赴任の時につかっていたのや、引っ越したら新しい部屋とイメージがあわなくて「いつかは使うんじゃないか?」って仕舞い込んでいた物たちをリメイクしてとりつけました。

慣れると意外にかんたんで、ミシンのペダルを踏みながらたったか布をすべらせるのが楽しくて、気付けば、窓のほとんどが埋まりました。

外から保護したやんちゃな猫さんたちが、追いかけっこをしてじゃれあって爪をひっかけたり、毛玉を嘔吐したりして汚すので、ざぶざぶ気兼ねなく洗えるので、これくらいでちょうどよかった。

そして、このことは、節約→貯蓄、にもつながりました。

オーダーカーテンでとりつけたら30万円はかかるそうですから。

冬場は、暖房効率を上げるのに、踊り場のカーテンが活躍します。
レールはIKEAのカーテンレールを自分でとりつけました。

f:id:hyakuyou:20211021105427j:plain

 

頑張り過ぎる日本人には、新庄さんのようなゆったりとした感覚の方は監督にむいているのかもしれません。

ご活躍をお祈りいたします。

f:id:hyakuyou:20211009110349j:plain