私に良いこと*50代の節約シンプルライフ

お金のかからないシンプルな暮らし

ねぎとろ丼、新生姜の甘酢漬け

あいかわらず低迷中で、だらだら養生しています。

明日から処暑

暑さはまだ続きますが、しのぎやすい日も増えてきますね。

しばらくパソコンに触っていませんでしたが、今日はすこし涼しくて朝からパソコンを開きました。

週末は、料理をさぼり、テイクアウトでどんぶりを頂きました。

以前はどのチョイスも500円だったと思ったのですが、具のちがいでこちらは890円程でした~。

胃腸の調子がまだ低迷中。

食欲のない時に食べやすいものがねぎトロなんです。

魚は消化があまり良くないと言いますがね。

他にも食べやすいものを。

収穫したかぼちゃは鶏肉と柔らかく煮付けて、なすとミョウガは冷やした味噌汁に。

生姜でガリもつくりました。↓

しょうがの甘酢漬け

そういえば、必ずついているガリも食欲がわきます。

ショウガには、体をあたためる効果がありますが、胃腸の不調による食欲不振や吐き気にも効果があるそうで、今の私にあっているのかもしれません。

夏場に冷たい食べ物を食べがちですが、ねぎ、しょうが、にんにくなど体を温める温性の食材を一緒に食べると良いそうですね。

高知産の新生姜がおやすくなっていたので、しょうがの甘酢漬けをつくりました。

スプーンで皮をそぎとり、薄くスライス、きび砂糖とはちみつで甘くした甘酢につけました。

どれくらいもつのかな?ネットでは冷凍でもよいとありましたが。

塩分、酸っぱさも抑え目で市販のものよりも食べやすくなりました。

きび砂糖のせいで色が茶色です。

夏は冷たいものを頂くことが多いので、胃腸の調子が悪くなりがちです。

温性の食べ物をちょっとくわえて温めるのも良いかと思います。

 

お読みいただき、ありがとうございました^^/

参考書籍)