私に良いこと☆

50代、お金をかけずに楽しむ暮らし

【食費節約】50代夫婦ふたり暮らし、毎月の食費はどれくらい?

最近、食事のことばかりですが、みなさん食費はどのくらいで、賄われているのでしょう?

食費、節約、二人暮らし、などで検索すると、月2万、3万でおさえられている方もいて、すごいなあと感心し、私も(もうすこし下げられないものか)と、思うようになりました。今回は我が家の食環境と食費をご紹介します。

50代でも食費はずっと変わらず

我が家の環境ですが

  • 50代夫婦ふたり暮らし
  • 食費は毎月40,000円前後(35,000~40,000円)
    (夫婦の朝食、昼食、夕食の三食分
    外食費、コーヒーなどの嗜好品は含めない)
  • 夫はサラリーマンではなく、仕事の時間が不規則
  • 朝食も昼食もしっかり食べる
  • 夜は軽め、炭水化物は少なめかとらないことが多い
  • 外食はよくしていたが、コロナになってからゼロの月もあった
  • 嗜好品は毎月6,000円前後 お酒、炭酸、コーヒーなど

統計をみると、世代や世帯収入があがると、食費は上がる傾向があるようですが、うちは、20代からずっと変わりません。

二人で稼いでいた時もありましたが、年齢や年収に応じて増えていかなかったのは良かったと思います。

うちの場合は、夫婦で30代に正社員を辞めているので、老後の年金がすくなく、若い頃から貯蓄を意識していたおかげかもしれません。

良くも悪くも、定着しまっていて、もう少し下げてみたいのですが・・・変わりません💦

 

一昨日の夕飯は 胸肉のミラノカツと野菜のマリネ

月2万円は可能なの!?

若い頃は、健康で栄養もあまり意識していなかったので、食事もかんたんで安くすみます。でも50代にもなると病気が出てきて、食材や見た目にも気をつかうようになりました。

それでも、節約はできるものかな?

検索すると同世代のご夫婦でも、月20,000円!というブロガーさんもいらっしゃいました。献立もバリエーション豊かで、見た目にも美しくてすばらしい!

ただ、朝食はお二人とも食べず、お米はほとんど食べない、ご主人の昼食費やお酒代は別のようですが、それにしても2万におさえられているなんてすごい。勉強になります。

(糖尿病の)夫は夜はあまり食べないので昼は定食風

夜しっかり食べる時の昼の一人飯は簡単にすませることが多いです。
時々、無性に食べたくなるサッポロ一番の塩ラーメン。

食費はどれくらいがベスト?

一般的には月にかかる食費はいくらぐらいなのでしょう?

総務省統計局の「家計調査 2022年次 世帯人数別(表3-1)」によると、二人暮らしの1ヶ月の平均食費は67,573円だそうです。※1

けっこう多いのですね。ここには、外食費お酒コーヒーなどの嗜好品も含まれます。働いていれば出先の昼食費や付き合いのお酒などもありますから。

食費は「二人の合計所得額の約16.8%」が理想的だそうです。※2参考

※1:二人暮らしの平均食費はいくら?支出目安や節約方法を大公開!

※2:二人暮らしの1ヶ月の食費の平均額はいくら?食費の目安や節約方法を解説 - B/43 Magazine

終わりに

食費の節約、金額自体はあまり変化がありませんが、良くなったこともあります。

戸建てにこしてきて、私も仕事を辞めて時間ができたので、数年前から家庭菜園をしています。

今は、きゅうりやおくら、しそやみょうががとれて・・・そこでとれるお野菜が、食卓を彩ってくれています。

食費は変わりませんが、(とれると使い道を考えるので)以前よりもレパートリーが増えて、食卓が豊かになった気はします。

kokorotokarada.hatenablog.jp

こんな状況で悩みはつきませんが、中高年の二人暮らしはこんなものでしょうか?

食費も暮らしも、問題を明らかにして、少しずつ改善してゆければと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

(追記)最近は、採れた野菜をよく使うようになったこともあり、食費も35,000円ほどに抑えられています。(2023年12月)

kokorotokarada.hatenablog.jp