私に良いこと☆

50代、お金をかけずに楽しむ暮らし

処暑過ぎて、主婦の昼飯はまだそうめん

8月ももうすぐ終わり。

暦の上ではすでに処暑

処暑の「処」は「来て止まる」という意味があるそうですが、まだ暑いですね。

主婦の昼飯

まだ、そうめん、食べています。

冷しゃぶのあまりと、青みかんものせました。

めんつゆに青みかんをしぼるとポン酢っぽくなります。

あとはミョウガやシソをとってきてのせたり。夏の薬味は虫がつきにくいので育てやすく、麺類のトッピングに大活躍です。

そうめん、あまり好きではなかったのですが、(そうめんばかり食べると、胸やけがしてしまうので)最近は、食べるようになりました。

小鍋で1分半でゆであがるので、光熱費の節約にも良い。

先日イケアで購入した小さめのフライパン、主婦の一人飯に役立っています。

kokorotokarada.hatenablog.jp

「大は小を兼ねる」と言いますが、一人飯や、ちょっとした煮物をつくるには、こちらの方が火が通るのが早い。もっと早く気づけばよかった!

直径は24センチで、そうめんも大丈夫でした。

麺は「たっぷりのお湯で」と書いてありますが、一束50グラムならこれでも良いかと。

茹でる時は、オクラをとってきていっしょにいれます。

ゆでると、鮮やかな緑に!

夫が料理するときは、ラップでくるんで、電子レンジでチンしています。「そっちの方が節約的だ」と私に説いてくるんですが・・・。

先日スパゲティを作った時にも、そうしていたので、(麺をゆでるお湯で、ゆでちゃえばいいのに)と思いました。 

そうめん、一人分の量は?何束?

ところで、このそうめん、一束の量が微妙です。

そばは、一束が大体80~100gで一人前になっているので、迷わず一束なんですが、今回のそうめんは一束が50グラムと微妙。

調べると、しっかり食べたい場合、50gを2束~3束が一人前の目安だそうです。

(ただし、そうめんは、蕎麦と違い、メーカーによって一束のグラム数がかなり違うそうなので、ゆでる前にチェックを。)

蕎麦やうどんは100グラムでも大丈夫なのに、そうめんは二束だと、気分的にも多い気がしてしまいます。が、グラムで分けるのは、細いので折れるしばらけるし、めんどうです。

そんな少なめなお昼には、おやつを、たくさん食べてます。↓

kokorotokarada.hatenablog.jp

オクラ、100均の種から育てて節約にも

オクラは、8月中はずっととれています。

1度に4~6本、2日に1度はとっていますから、何本になるでしょう?

きゅうりは、夫にも協力してもらい「正」の字で、数えましたが、2株で60本ほどとれていました。

100均の種から、7,8株育てれば、夏中食べられるので、コスパはすごくよいのでは?スーパーで買えば、1パック、5,6本ほど入って、150円くらいでしょうか。それが何度もとれるわけですから。

オクラは環境があっていたのか、この猛暑でもすこぶる元気でした。育てやすいのでおすすめですよ。

100均の種は、ホームセンターで購入する種よりも量が住少なめでお安いので、家庭菜園にはちょうど良いかと思います。

種は、日持ちしそうですが、時間がたつほど発芽率が悪くなる。家庭菜園で育てられる苗の数は場所的にかぎられていますから、もっと少なめで50円で販売されているものもあればいいのに、と思います。

やわらか丸オクラ | 【公式】DAISO(ダイソー)ネットストア

お読みいただき、ありがとうございました。