私に良いこと☆

50代、お金をかけずに楽しむ暮らし

ちょっとお得に天然ぶり、最近食べているもち麦

昨日、閉店間際のスーパーで天然ぶりをお安く購入しました。

ぶりとごぼうの照り焼き

2つで262円。

ぶりと言えば・・・ぶり大根、と思いましたが、大根が高いので、安かったごぼうと照り焼きにすることに。

小麦粉をつけたぶりだけ先に油で焼いて、その油は捨ててしまうと魚の臭みがとれておいしくなるそうです。

その後ごぼうをいれて、しょうゆ、酒、みりんを入れて煮詰めました。

きれいな色に仕上がりました。

収穫したわけぎもかけて。

お魚料理はぱさつくことがありますが、小麦粉をつけて先に油で焼く方法だと、たれもしっかりなじみ、しっとり食べられそうです。

最近はまっているもち麦

最近、お米にもち麦を混ぜて炊いています。

この年になると、あちこち不調が起きてきて、なにかとこういう物をとりいれたくなる。

こういったタイプのものはいろいろ売られていて迷いますが、市販のお弁当に入っていて食べやすかったもち麦にしてみました。

玄米も一時食べていましたが、硬く感じてあまり続きませんでした。

こちらは名前の通り、もちもちっとした食感で食べやすいです。

もち麦の特徴

もち麦には食物繊維が多く含まれていて、そのうちのβグルカンという栄養素は、血糖値の急な上昇を穏やかにしたり、コレステロールの減少に効果があるそうです。

おかげさまでお通じもよくなりました。

もち麦100g中に含まれている食物繊維の量は、12.9gです。
他の穀物の食物繊維の量【白米0.5g、玄米3.0g、ライ麦パン5.6g、押し麦9.6g】と食物繊維が多そうな野菜【ごぼう(生)5.7g、さつまいも(生)2.8g、キャベツ(生)1.8g】とを比べても特に多いのがよくわかります。

今、流行りの食物繊維パワー【もち麦】がスゴイ!! – 医療法人社団倫生会 みどり病院 | 神戸市西区


お読みいただき、ありがとうございました。

kokorotokarada.hatenablog.jp